看護師につく手当

入院施設がある病院に勤めている看護師は、夜勤をするのが当たり前の環境になっています。夜勤をした場合の看護師につく手当の平均金額は?知りたい手当の金額の平均を言うと、正看護師で準夜勤をすると4000円くらい、通常夜勤で6000円ほどらしいです。
これは勤務する職場によって大きな違いがあるので、実際は病院次第と理解してください。高いところでは1回で30000円も出る病院もありますが、それ狙いでの就職は難しいでしょう。
施設のシフトによっては、12時間以上連続でのこともあり、加えて次のシフトの看護師のための「申送り」をまとめているうちにもっと拘束されることも必要悪です。
その点から見てもわかるように、きつい夜間の勤務による手当を計算している看護師さんがたくさんいることが統計からわかります。
たいていは朝から夕方まで働く日勤、夕方から深夜まで働く「準夜勤」、そして深夜から次の朝までの「夜勤」、ということがほとんどで、ほんと大変な昼夜逆転労働で無茶を承知で勤務することになります。
さらに、ナース不足による勤務体制のため、困ってしまうほど忙しい現場にとってはカギとなるポジションですが、やむを得ず長時間働くことを常習化してしまうこともあります。
でも、夜勤は3交替で8回、2交替で4日という事が決まっていることが助けとなっているようです。今後、さまざまな制度が敷かれることで、働きやすい環境が作られるのかもしれませんが現時点では簡単にはいきそうにありません。
そこで、看護師になった後はリスク管理や勤務時間の割り振りが重要になってきます。昼間の勤務の後、働き続けて夜も、そしてしばらく休みが続くというシフトより
休憩なの?と問いかけたくなるようなシフトを経て次の時間割に入らなければならないこともよくあります。自分で決めた予定をこなし、次のシフトに用意することが大切です。
なんとかナースにたどり着いたのなら、辛くても次の仕事場を考えちゃうことはいやですよね?問題を増やさないためにも余裕をもって仕事に取り組むことが大切のようです。